FC2ブログ
継続はーーでは、無く!
7月31日 火曜日
台風過ぎて晴れ曇り



久しぶりっす、更新(笑)
知っての通り元気です!


継続は力なり。ですね、、
と激励込めて言われますがー

継続が力なのでは無く、
継続する為の創意工夫が、
力になる!と感じとるとです。
また、俺ひとりの力では
この35.6年を継続出来ませんでした…
感謝です!
証は続けること。


朝。目覚めて、太陽を感じるたい?
「おりゃ〜俺ぁ生きとるんぞぉ!」
と、ひとり息巻く訳ではなく
その日、その時に心澄ませたなら
「ふわぁ〜昨夜のライブとお客さんのおかげで
生かされましたなーーほんなこてありがと!」
と、もらった熱気や笑顔を心身に感じ起こす時、
元気が湧いてくる夏とです。

前にも書きましたが笑顔は感染します、
それは、善いことだと思っとるよ。


今の今、
万人の理解を得ることより
少数の熱狂と感動を積み重ねられたら、
それが由です。


ライブの予定やら
おもろい日々のことは
TwitterやFacebookを見て頂けたら
より伝わるかも知れません。


俺の詩やメロディや歌
そしてライブが
あなたの励みになるなら、
幸せですばい!真にね。


明日からも、引き続き
よろしくね!


ありがとう。
スポンサーサイト
2018/07/31(Tue) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
笑って進もう!熊本の励ましロックだ!
5月19日(土)
雨あがる。


低く重なる
雲のカーテンがみえる

これから10年、15年を視野に、
喉の静養を始めて6日目
元気ばい。永く歌いたいけん。


いやぁ月日が経つのは
たいぎゃな早か〜
だからヤルべき事、
書いては消し込みをして
進まないと!と。
カレンダーの昨日にバッテンを
つけ、前向きスイッチを毎日入れる。
若い頃と違うのが〜
そのスイッチを切るのが早い(笑)


今日は進藤久明が、
如何にして名の如く
明るい側面から〜
歌を放つようになったか?
記します、少し長いですが
良かったら読んで下され。

old55#
下通りの角っこで生まれ、
繊維問屋街で育ったガキは
ルーツが酒場のジュークボックス。
流れてくる音楽に心弾ませ
楽器のリフを口ずさむのが
大好きだった。

未来?
勉学、スポーツ、芸術、
上手く凄い奴は星の数ほど居る、
上には上の、そのまた上が居る。
ってのも
憧憬畏怖と共に理解していた。

でもね。 表現の自由に於いて、
「らしい」って奴はどれだけいるかな?
「らしさ」を自分なりに生涯コツコツ
築いていける仕事はないか?
漠然と、でも何故か具体的に描いた。

「ひと握り」に成らないとダメとぞ!
「お前に出来る訳がない」云々を、
誰彼に権威的に言われる度に
俺は苛立ち、疼いて、そして閃いてた。

「ひと握り」を目指すんじゃなくて
「唯一無二」に成れば良かとじゃ?
って14歳くらいから考えていたよ。
中2だよ。ギターコードは、
EとDとAしか弾けやせんとに(笑)

思えば、人は誰しも唯一無二たいね。

1980年代初頭。
バンドで活動していた
そう、タウン誌の表紙にもなった
若い頃。
知名度や名誉や、発言権。
要するに栄光が欲しくて
東京を目指した。
プロデビューこそ出来たものの、
期待値には届かず。
成せず。
惨敗だった。
送り出してくれた皆に
自分の至らなさ申し訳無かった…。
しかし、
プロフェッショナルとは?
と言う、永遠の課題を授かった。


10年経って。
90年代後半、角度を変え
レコード制作や諸々を学ぶ為
再度無理矢理な上京をした。
無理には当然、歪みが生じて(悲笑)
ま、身体を壊して帰熊、
皆に詫びる言葉も無かったが、
秘伝。しっかり学ばせてもらった。

お世話になった人、ひとのこころ、
その恩を忘れたことは無い!
恩返しには程遠い日々が
未だにある。
あの2回の上京に挑まなかったら
今の俺は無い!間違いなく。

更に時は流れー
2006.7年
自分のこれからや、
死生観を否が応でも確認する出来事が
いくつか、てか沢山あってね、、

物事のダークサイドに目を伏せず
それを打破せにゃん!って楽曲を
結構書いて、CDを制作し
知らない町を歌い売り歩いた。
奇跡的に門前払いが無かったのが
ほんとに有り難かった(涙)
日本を知る、悪くない旅だった。

「一生懸命なのはわかるけど、歌ってる内容が重苦しいね」。
「小難しいのは頂けんね」。
「楽しいヒトな筈なのに、
何悩んでんのよ?」。云々
主催や呼んでくれた人たちの、
本音寸評諸々。黙って受け止め考えた…辛いことは小さく砕き
嬉しいことは誰かと分け合わんとな。

それから〜
東日本大震災が起こって
ご縁で東北まで足を伸ばし
前後して20本、30本と〜
各地でライブを演るうち、
或ることに気づいた‥‥

笑顔で演り切った一夜には
アンコールが何回も来た。
しかし真逆に、
眉間に皺を寄せて毒づいた一夜には
打ち上げの席でさえ喧嘩が起きた。

ん?はて?待てよ。
そうか!そうなのか?
やっぱりか。そぎゃんばい!
ライブは「生き様全てを映す鏡」
なのだ。

自分を鼓舞する為の高過ぎる理想は、
逆に自分をがんじがらめにしていた。

スタッフを買って出た仲間も傷つけた。
ダメだ、イカン!そんなことでは……。

何のために舞台に立ち奏で歌うのか?
熱く楽しく感動の円循環が出来るからでは、なかったか?
一夜一夜。一期一会の中で
成長出来るからでは無かったか?
ただ馴れで上手く演ろうとしてないか?
「心の成せる一芸」では無かったか?
今一度問い直し、洗い直しをした。


一発逆転?起死回生?リベンジ?
そんな発想は、とうに捨てとった。
ついでに肩まであった髪を切った。
煙草をやめた。
重いブーツを履かなくなった。
et cetera…


。。。おや、ひかりが射してきたね


現在。
過ぎた季節の中、久しぶりな人から
一体何があって、ライブも楽屋も、
普段も、いつも笑顔なのか?
と胡散臭がられることが多いのだが、
上記を読まれて感じ取って頂けたら
幸いかと存じます、
エレキも再び弾くようになりましたし。


俺を観に来てくれているお客さんは
下は3歳、上は80代という
親子3代の層。
近年そんなライブ中心の暮らしのなか
調和の中でギターを響かせることに
気概を感じとるし、それは得難く尊い。

俺はもう、栄光や成功の火種を求めて
日々を彷徨ったりしなくなった。
俺はもう、理想と現実のギャップに
もがき、
暗闇に吠えたりせんごつなった。

俺は。
俺の作った歌とビートで、
客席の心を、身体を、魂を、
少しだけ元気にしたい男なのだ。
俺は。
流行り廃りのローカルスターでは無く
耐久性のある歌をぶっ放すオッサンだ!
俺は。
熊本生まれの明快なロックを!
演りたいのだ。

スケールにも独自性を持たせよう。
例えば、自力の「一分」をわきまえず、
無理矢理に集客してデカイライブを
演ろうとすると〜必ずと言って良い程、
誰かが満足し、誰かが歪む。
そんな催しは健康に良くないです(真)
皆で力を併せたフェスは大好きだけど…

俺は。
50人を前に10回、20回、30回と
肩に力の入らない公演を行い
熊本地震で傷つき痛んだ地元の人を
「公に」励まして回りたい!
まだまだ、回れてないもん「熊本」
そうやって進み、
生きてゆきたいのだ。

笑顔はね、感染するとよ、
笑顔菌は、心身元気にするとよ、
悪い細胞ば、やっつけるとよ、
ほんなこっだけん!
笑ろてん。


詩的な〆ば(笑)

いつも笑顔で居られるほど、
世の中は甘くなかとぞ。と
あの頃の大人たちの声が
ひこうき雲のように、
今日の空に滲んでく。

同時に
あのジュークボックスから鳴る
軽快な音楽は路地裏の打ち水のように、
いつも癒し響いとるとよ。

ほら?聴こえるど?
いつまでも。
どこにいても。





※ついしん
6月21日は32回目のデビュー日、
さぁて何処で演らせてもらおうか?
あ!
君んちの居間でも全く問題ナカよ。

旅はつづく、、

※次回はギターのハナシを書くよ。












2018/05/19(Sat) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
格別な普通と日曜日の桜。 その②
4月3日 火曜日
暑かねぇ春の日



仕事場がある西区の山の麓。
朝からウグイスが上手く泣いて
迅る気持ち、軽い焦り、、
澱みそうな気持ちそれらを和ませる。

もっとも。
野鳥や四季の草花に
目を細められるようになったのは、
ここ最近であるからして
何とせわしない日々であったものか(笑)
身につまされほろ苦く笑えます。

普通の日が、染みるほどに
有難いな。


その①で
69歳までの音楽と
表現制作の計画を立てた話をしましたね。
一番興味があるのは、
今から10年で、声や奏での音像を録音(記録)して
世に提案する環境が、
どのように変化して行くのか⁉︎です。

先週、神戸のFM局の取材を受けた時
先のことを答えて、自分で驚いた訳です。

「ハードウェアは日進秒歩で変わり続けるだろけど、 人が奏でるというソフトは、変わらないかもですよ」 と。

ディレクター女史をキョトンとさせてしもた(笑)
根拠の無い発言だけど、妙に腑に落ちた。
ひとがそこに居て、奏でが在る。
その人の、その時の息づかいや音が、
五感に伝わってくる。
それこそを誇らしく信じたい!
ってことなのだろう。
俺の感じるレベルでってハナシよ(笑)


長く演り続けるには?過去に固執せず、
前に進む為には?
技術を磨く?自分を磨ぐ⁉︎
まぁ。それぞれだろね〜
どっかで聴いて今更じわっとキテる台詞
「謙虚であること、向上心を忘れぬこと」。

言うは簡単たい云々、
おっさんよ!したり顔で
マイナス発言はやめなよー
そいつが続けるための工夫なんだから。

「謙虚であること、向上心を忘れぬこと」!!!
自分にも言うし、
最近ではプロデュースを依頼された
若いシンガーソングライターにも伝えては、いる。
一期一会だと思うから。


桜。
4月3日 火曜日のさくら。
見やると〜葉桜になりつつある。
今年は雨に降られず、
どの桜も保ったね 。
風に吹かれて散る行く刹那に、
華があったね、しっかりと。
枯れても華はあるといいね〜

あなたも、
桜吹雪に目を細めたことでしょう。


日曜日と言わず、週末と言わず、
今年のお花見には
静かに熱いものが
込み上げてくるのは何故でしょうね?
そして熱いものが冷めないね、
涙は出るのにね


震災から
やがて2年。
未だ未だ大変だ。


そんな熱源を抱いて
今日も一歩、
いや半歩だわ。
進む、、、
笑いを忘れず。
カンパイも忘れずにね。
2018/04/03(Tue) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
格別な普通と日曜日の桜。その①
4月1日 日曜日
晴れの熊本


先ず。
55歳の誕生日おめでとうメッセージ、
ありがとう。
疎遠になっていた友からも、
近況とともにお祝いメールをもらい嬉しかったよ。 元気にしとかにゃんね、おう!

それにしても
4月だよ、気の利いた笑えるウソを
言うには晴れすぎてるねー

近況。
4月20日金曜日のCIBソロライブのチケットを 配達しつつ、新曲の推敲、次のアルバムへの選曲、
5月公のライブイベントの打合せ
等々をやってる日々。

そんな中、思い立ち。
69歳までのプランをラフに作ってみた(笑)
以前と違い~高すぎる志に苦悩しない様(爆笑す)
実際に達成可能なことを書いた模様。

一例。
次のようなこと、 2020年、東京オリンピックの年にリリース予定のCD には実際に住み暮らした「トーキョーの場所と人」を 歌った楽曲を入れる。風を感じられる作品にすること!
案) 1986年京王井の頭沿線、2000年三軒茶屋世田谷線、等 苦労ばなし。だとしても笑い共感できる歌にすること!

5年後、2023年は60歳。いつも書いている楽曲の素になっとる物語を曲名を冠した短編と共に 他、抜粋による詩をまとめて、ブックレットとセットで音源と発表してはどうか。
案)前年には腕に覚えのあるライター友に相談すべし。 井芹氏へ。
音源も読み物も。
近未来には様変わりしているかも知れないね.....
.その時々に応じた届け方を
しないといけないのだろうけども、
俺は。パッケージと肌触り、質感、
それらを 大事にしたいとよねぇ。

歌を紡ぎ、ギターかピアノか独唱で届ける。
電力が有れば増幅出来るし~
無ければ生ででも届けられる!
それは、原始的且つ素敵なことだと思うんだよね。

え?
なんでそんな先のことを描くのか?って。

うう~んむ、
死生観とは全く関係ないとバッテンね。
どこまで演り続けたとしても
「これでおしまいだ!」
とは思えない性格でね(苦笑)
「この作品としてはこれで由」
と、筆を置くものの。ね。

こころざし。が、ある者として。
どこまで続けたとしても「志半ばで、、、」
だとすれば、その年、その歳でやることを
予め決めておいた方が
目標があって燃えるしね。

夢うつつ、
では無い!具体的に叶える
目標としての、夢。

②へ続く
2018/04/01(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やさしいチカラ。今日一日の為に。

3月14日水曜日
白梅香る晴れ。


ご縁あって、某高校の卒業式にて
「あしたへ」を演ったことが、
ニュース番組で取り上げられて以来。
疎遠だった人たちから、
生存確認した!等々、久しぶりの連絡を
もらって有難い限りであります(笑)

マスメディアの伝達力ですね。

今日はソロライヴのチケットの配達に走り、
週末のイベントの音響さんに当日の持ち込み機材や
セットリストを伝えたりしている日。
夕方からSSW女子の音楽プロデュースを
させて頂いた、映像が完成したとのこと!
おそらくチカラを感じる作品でしょう、
今後のプロモーションの話等もあるので
また出かけます。


さて。
昨夕まで憑かれたように、
3.11東日本大地震の特別プログラムとして
放送されたいつものサンソン
(山下達郎さんの番組)
をradikoタイムフリー機能の許す限り
聴いていました。

素晴らしかった。
色んな意味、
特に!音楽の届け方が
素晴らしかったとです。
貴方と同じように、
俺も救われた気持ちがしたのでした。
(わかるよね?)
うまく言えないけれど、
やわらかいチカラをもらったような……

そして
自分が書いた(書いている)楽曲には
誰かを励ますチカラがあれば良いなぁーと
願ったのでした。

そのことを内包しつつ、
ライブの話を少し。
今月は春を迎えるイベント
18日日曜日
@阿蘇小国河津酒造
新酒まつり。
24日土曜日
@御船カルチャーセンター
御船復興支援イベント

月内この2ヶ所のみ!

ライブはですね、
2度と同じライブは無いのですよ。
例え。同じ場所、同じ選曲や構成で
演奏したとしても!
同じライブは一切無いとです。
コレほんとうです。


本数や回数を踏めば、
慣れたり、
上手くなる事とは別の〜
真に。

一期一会的な、
その日その時にしか
描けない宙空への音夢の投影、
人に場所に届けることが出来る
心からの波動…

だからこそ。
その1回に全力で臨めますし、
大袈裟に言うのならば、、、
自分がその1回のライブ迄に
どのようにして生きてきたか?
どのような心身で当日を迎えたか?
それ。全部(露見)ロケンローします。
(笑)

だけん、
自分が表現することが出来うる。
最高で、
楽しく、
笑えもして、
励みになるステージを
演るしかないですもんね。


その為の、今日という日。
その為の、やわらかい心の在りよう。


オーティスレディングの
ドッグオブザベイが、
やわらかく響く時間帯になりました。



やわらかいチカラ、か。
やわらかい気持ち。
やわらかい音、奏で。
やわらかい歌い方。
et cetera



夕方からも穏やかに
参りましょう。
貴方にも
自分にも、語っています。

今夜の月は
やさしいかな、、









2018/03/14(Wed) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ