冬のRecording days2-5.6最終日@紅い月
2月24日 金曜日
晴れ花粉の晴れ。

熊本市某所にてピアノと歌、
のみの録音。揺らぎがあった!
歌詞をアップして、ちと仮眠とります。
明日は水俣に入ります。


『紅い月』 作)進藤久明

海に降る 雪の流星 不思議な月
二人肩寄せあって 眺めてる ゆめ

目覚めれば 何時も気ままな
ひとりぼっち‥‥

職場の人たちには未だナイショだけど
災害派遣で出会った 泥だらけの人
遠い遠い空の下 でも繋がってる

紅い月の下で愛を誓うと
時空を超えるってお伽話
あなたは偶然、突然、必然、
全然タイプじゃないのに。


渇くサハラの日々 水の様なSMILE
切なさもシンクロする透明な波

強くなれそうだ
君の存在で

紅い月が昇って黙って
逢えない距離に凪の風が
潮が満ちて鼓動が重なって
僕らは手を握った。

《 間奏 》

現実的な部屋を借りて
花を飾って 珈琲そして乾杯
坂の途中君の影見つけて
小さな夢の耐震設計

不安な夜は逃げずに話そう
昔のことは笑って しまおう
友だち呼んで世界を語って
雨の日にはJAZZに流して

紅い月が浮かんだ浜辺で
具体的にどうするか言うよ!
手縫いのドレス ポケットに約束


紅い月が在っても無くても
あかいつきが、あっても、なくても

明日 結婚しようよ。

under the redmoon
under the redmoon
under the redmoon

under the redmoon
スポンサーサイト
2017/02/24(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬のRecordingdays2-4熊本@典三音工房へ
2月21日 火曜日
バンドのヴォーカル脳で歌う晴れ。



自分の記憶が正しければ〜
ノイマンの
コンデンサーマイクって存在には、
デビュー以来、再々度再々際度(笑)
悩まされっぱなし。だった筈で、、、


だがしかし!
しかし、しかし、
だがしかし!


目から鱗っつーか
皮が剥けたっつーか
耳抜きが出来たっつーか。
ビタッと決まった!!!
マジか?激マジだ。

不思議のフーちゃん元気かな?
てなもんだ。(わからんて(笑)


お熱い3曲が刻めました。
典さんのお陰に他ならない(涙)
ありがとうございます。


週半ばから、
生ピアノリハーサルだ。


さぁて今日しかナカと‥‥

紅い月、
赤い月、
あかいつき、
アカイツキ、
歌詞ば詰めにゃん。


天草の某海岸まで走ります。
今夜の月はどんなだろ?
半袖はマズイよな〜
ま、よかろ。



ついしん・メールや電話折り返し明日まで待ってね
2017/02/21(Tue) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬のRecordingdays2〜3東京→熊本
2月20日 月曜日
雨後小さな夕焼け。




沸々と込み上げる詞や曲や
LIVEのアイデアをリュックに詰め、
一旦熊本へ舞い戻った。


東京の宿が、生まれ育った町によく似た、
職人町と問屋街の間にあったせいか‥‥

ガキの頃にmind time slip。

何故未来があるかも知れない!
と強く強く思えたのか?
走馬灯に乗ってみた。

決してクリアじゃない音の塊、
見聴きする度に毛孔開いたっけ。
ロックンロールの初期衝動!

自分に奏でられたなら〜
何処へでも飛んで行けるばい!
そう思えたんだな。
あの頃あの時代独特の煌き、、
バンドやソングライターの熱気が
シュウシュウ湯気を立てて揺めき現れ
まるで、目の前に居る様で
俺の血肉になっていると確信が持てた。
居ないけどさ(笑)。


幼いが夢に満ちた激情‥‥
最初は弦の切れたフォークギターで、
次には黒い国産のレスポールカスタムモデル
だったっけ‥‥


叫びたい、
語りたい、
囁きたい。

かき鳴らしたい、
突っ走りたい、
揺れていたい。

仲間は居たが
孤立気味だったな


シャツのボタンが
ビリビリ言う位の爆音。
codaを奏でるロックオペラの
ピアノの静かな奏で。

頭の中で響く音の轍。
アップライトベースや
アンプの歪みだったり
残響が未だに鳴り止まなず、
走馬灯からゆっくり降りる。


Recordingに入ると
毎度こぎゃんなる(笑)。



そして生活の音。雨音。


8ビートの3コードロックな
『ドンマイ』の正式タイトルを、
『ドンマイ4・14』にしたとよ。
今回のアルバムは熊本に暮らす人たちに
丁寧に届けようと、心に決めた!
各曲の感嘆の場面を普通に
熊本弁にした。てか熊本弁がぴしゃり。


明日から矢野さんのスタジオで
歌入れとたいね。ワクワクする。

一回こっきりっきりの
LIVEだと捉えて臨もう。


穏やかに淡々とな、
それは実は、
元来俺の特性だったんだけん。
信じられんど?

先日ここで書いた
人の第一印象の件ね、
ほんとうだよ。


人は本来の自分を取り戻すとよ!




2017/02/20(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬のRecordingdays2ターム目@東京2日目
2月17日 金曜日
春一番ひかり。




1曲、1曲の風景を律した
とても風が強い日。



『天草フリーウェイ』を
アルバムの1番最後に入れることを
決めた日。


映画で言うならば〜
エンドロールであり

聴く人の休日と、
次の日のスタートを、
まるで
祝福しているかの様だったから。

よいかもよいかもー

よっしゃ!

2017/02/18(Sat) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬のRecording days2ターム目@東京初日
2月16日 木曜日
新型飛行機で
江戸晴れ!


新曲を紡ぐたびに(旅に)
ハードルを上げて来たこと、
自分で自分を少し恨んだ日(笑)
笑えーん。ヘタクソぉーぉー
お前何年弾いてるとかいっ!
(やっぱ笑)


ギターや歌のリズム、
ってか、呼吸と駆け抜け方!
乗り方とよ!
当て方では無く!
改めて53歳の手習いですわん。


むっ、ちっ、ほぉ〜っ


とか何とか感じながら
実のところは、めちゃめちゃ嬉しい。

没頭したなら
もう夜たい。

中学生かよ
お前わ。

そんな
東京レコーディング2の初日。
溢れてとめどない流れを
音楽に注いでるばい。

〈ついしん〉
今作唯一のラブバラッド、
多分、1番最後に仕上げる〜
『紅い月』の
フルサイズデモを聴かせた後‥‥
相棒の涙、見逃さんよ。
やったごた。。。
2017/02/16(Thu) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ