等身大の、ケツの穴
9月最後の日

浄う雷が鳴るごた



ほう、ほう、ほう。


死神さんとは無事に
交渉成立したゼ


めでたし、めでたし。



















スポンサーサイト
2013/09/30(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
持って生まれた星
9月27日(金)
ほ〜秋が来た





さて。10月の某イベント台本を
楽しみに待ち草臥れている月末。





己が。幸か? 不幸か?

なんて〜他人には測れんてー知っとった?


ニンゲン。見た目9割で計られる。
とか言うが、深いところは計り知れぬ。


それは『己』にしか解らんとてたい。




ナルホド&バッテン




自分がどんな星の下に生まれ、
どんな星を持っているのか?


これはどうやら〜茶飲みばなしレベルで
謎解き、理解、共有、納得。
でき得るらしい。

少なくとも病室での笑い話には100%なる!
(笑ふ)
沈黙。その間、が良い。


静かに熱く盛り上がる、んで朝になる。



陽は上り、陽は沈み、日々は巡る


『どんな星にも輝きと還る家くらいはある』
と、俺は信じてる。





さぁて

己の手に「生きとる」を軽く握り

秋に向かってしっかり進も。




持って生まれた星ってヤツが
幸せでも、、、不幸せ。でも。








2013/09/27(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
十六夜あとの虫の声
9月21日の土曜日

何時迄日中は暑いのか?……





昨日、一昨日の月



凛々と吟吟と、鳴ってる様に輝いてる
お月さんだったね。ほーっ、、、





この月あかりの下

色んな人生の様々な営みが、ある。



丘陵に面した無機質な場所から

幸せについて、ふと考えたなら

『誰かの役に立てているのか?』

と、みて取れることに他ならぬ。





そう。そうよ、正にそのことよ。
と、月の方から声がした……。



この星は個人の欲望で
自転してないど?




十六夜。いざよい。

良い響きだね、イザヨイ。



日本人で良かった、とも思う


虫の声が
闇を、濃紺に留めているではないか。




俺は、変わろうとしている。


2013/09/21(Sat) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今日。と、言う日。


9月11日(水)
熊本市は未だ暑か





おもてなし。


も、大切だろうよ…


だがね、、、



思い遣り。

慈しみ。

具体的。


極めて重要なワードだと思う。

個人的に。ね。




今日は9.11


そして、震災から



2年と半年。の日……


2013/09/11(Wed) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
九月九日という日

9月9日
曇り。何故か清々しく。







今日、俺は



九分九厘、むくわれる。



直感だけど


直感は、経験らしい(笑)


のたうちまわる姿や、吠える姿や、
報われていない俺を眺めることで、
励まされていた君には悪いけれど〜
俺は気付いてしまった!



あのままだったら
俺はそんな日々に殺されていた。
間違いなく、跡形も無くだ!
これは真実だ!!!
だから、更に間合いを取るよ。



淡々と長生きする為の作戦たい。
こんな言葉が出るとは、さぞかし
ガッカリだとは察するがね……




50にして。とは


よく言ったもんだ。

わかる人には
わかるハナシ。



















2013/09/09(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
地獄の一季

9月7日土曜日
いろんな意味で、残暑。






気付いたら、ちゃんと息をしていなかった。
吸ってー吐いてー
深く吸ってー吐いてー


真呼吸。







私事でも、オリンピック招致関連のニュースを
見聞きしたこと含めて。



嗚呼、、、地獄の一季。


ひかりはどこだ?


嗚呼。。。地獄の一季、、、


ひかりはどこだ?



生きてるってことを、一縷の望みに
しなければ、ひかりは射さない!


口をポカンと開けたまんまで
生きていることは、限りなく罪だ!



嗚呼。地獄の一季。


天国は果てしなく遠い……。





2013/09/07(Sat) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
其の10年に風が立つ!と感じるのなら。


9月3日(火)
生きている







もしも……君に。


介護を必要とする家族が居るのなら




俺は。君が!
介護士に成れば良いと思うんだよ。




もう、目先の事に
溜め息をついて生きてる場合じゃない



10年を捉えなければいけない。



前々から感じては居たのだけれど

この世の中を
身軽く渡ろうとしてはいけない、
そして、人は容易くわかりあい、
繋がりあえる生き物でも無い。


こ難しく面倒だから人の間と書いて、
ニンゲン。喧騒の無音の中、そう思う。





10年を積み上げるのだよ。
10年を積み重ね上げるのだよ。




若い頃の君が、

煉瓦を積む様に、生きてきた

その様に。











2013/09/03(Tue) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る