手拍子だけで!歌えるってこと








7月15日文月半分

ってか、もう16日(土)





今、列島で起きている事の総て……
出来る限り実像を知り、向き合い、学び、意識に入れ、知識にして日々を送るしか無いのだと



ボケッとしちゃならん
これは『自分たち』の問題なんだけん!




俺は俺の分、俺の範囲を明るく照らし進むしか無いのだと!つくづく思う。





コホンっ



黒川温泉の若い衆から頼まれた楽曲の制作のハナシ。


日本語(我流かなり造語)

ダイナミックレンジっーか
ザッツ和風エンターティンっーか




挑戦の日々に
終わりは無くこれもまた
いびつでわあるけれど
表現は無限なのだ。




以下仮詞




桜舞い散る坂道を



ひぃふぅみぃよぅ
のぼる日を




生きるは小さき
お祭りで
担ぐは大きな
夢神輿


桜のわっしょい


月みてワッショイ


楓にわっしょい


雪兎ワッショイ


やんやと登ろう



イキル坂ぁ~




とかとか。



高らかで上質
じゃなくて良いから


『ニンゲン讃歌』



紡ぎ出しております。





手拍子だけで唄える
解りやすさ
繰り返しの楽しさ



これは
万国共通かも知れんです。






ふほっ
休憩ぇー




まだ死ぬ訳にゃイカンと!
生きて生きて
生きまくらにゃん!








スポンサーサイト
2011/07/16(Sat) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ