俺は自国の土の上で死にたい!



7月21日(木)
魔界の様な真夜中の空







曲を紡ぎ日々は過ぎゆく。





手塚治虫さん原作のアニメ
『鉄腕アトム』世代の俺。


原子力は世の中を平和にする為に
在る!と、
文明の利器だと子供ながらに
信じとった……。



ヒロシマ・ナガサキの事実を知るのは
小学校に通う様になってからだった。







宮城県での日々を綴る中で



丁度ひと月前


『放射線測定器』



全国民、ひとり1台!って書いた


真意を話そうと思う。






福島原発の事故は……

別の惑星で起きたんじゃなくて

コノクニで起きたこと。






被曝国。とても辛い響きだ、毎年8月が近付くたびに
胃の裏側がクッと痛くなる



核の恐ろしさは身に沁みている筈なのに
効率の良いエネルギー生産と利益追求(誰のや?)に或る意味、
偏った思考の元で原子力は用いられて
来たのかな?とも考える。



原子力は安全です!って
本当に安全なモノを声高にアピールするか?
頭痛薬にだって副作用の『注意書き』は表記してある!



そして俺たちは疑いもせず…電子レンジから
ギターアンプを鳴らすに至るまで
使い続けて来た。




電力が有り豊かな生活という快楽を与えられ~質素だったり貧しいながらも気高く。と言う気骨を粉々にしてしまった



思い当たる節、有るど?




だから、俺も君も、誰も責められないんだよ



その様にして
俺たちもマチもクニも
善かれと思い
成長(或る意味退化?)
して来たのだから







そして3月11日以降、
放射能による風評含めた
様々な被曝に怯えながら
今日を生きている。




東電は原発の安全管理を怠っていた、云々と
様々なメディアは罵っているけど
実際、現場で働いてる人たちは
どうだったのだろう?



俺は、自分の目で解り知ることしか
信じないようにしている。



しかし、何れにせよ
舐めてかかってはイカンのだ!




「目に見えない怪物ほど恐ろしいものは無い!」







北海道から沖縄、与那国島に至るまで

全国民が1台づつ放射能測定器をケータイ端末

の様に持つとする
(某メーカーからは発売される…)




日々の暮らしの中、
放射線は何処にでも
『常に存在している』って

『現実』を学ぶだろう


学んだなら意識に入るだろう


意識に入ったなら知識になるだろう。



全国民の放射線への認識一致が、今必要なんじゃないか?



そうなったなら、政治やメディアの真偽も


毒づくことなく!!!冷静に見抜けるだろう



放射線予報。もニュース枠の中で流れても良いんじゃないか?と俺は、強く思う。



既に購入、レンタルをして子供を外で遊ばせる日

室内で遊ばせる日を判断している友達も居る……。



家庭で学校で職場で、朝から今日の線量は~と


1日3分の時間くらい作れるだろう?と思う。



大袈裟だと感じるかね?




改めて~日本の工業技術を持ってすれば、
バカ高く売り買いされているモノ
よりも安価で表示の解りやすい、使いやすい測定器
が出来ると思う。






これは個人的問題でもあり
何よりも日本全体の危機的問題なのだから!



厳密に述べるならば
食べ物に至っては、汚染濃度の高いものを俺たち世代
含めての大人が食し、これから成長する世代には低い
ものを食するしか無いかも知れない。と覚悟しなきゃならん




被害妄想に聞こえるかも知れんけど、近く遠くそんな日々は確実にやってくる。




知るに連れ言い様の無い
憤りに囚われて
荒れた事を吐きたく時も
正直、俺だってあるよ


自分の無知さに一番ね。





でもね



毒づき唾を吐いて何になる?
吐いた唾は飲み込めん。





置かれてる現状の中で
何とか暮らして行かねば
成らんのが今、
なのだから
建設的に臨まねば。





日本地図上に原子力発電所がどれだけ存在するか?
自分の目で見てみれば良い!




極端な表現で申し訳ないのだけれど





今のニッポンに逃げ場所なんで何処にも無い





でも


生きよう。生きていかねばならん。って思いは


必ず出口を、道を探し出す!

立て直すことは不可能では無い筈。





そんな思いから、放射能測定器を全国民に!
と書いたのだった。





核廃絶は大賛成だけど
右から左には行かない話…


今すぐやれる事は一体何なのか?考えてみた。






夜が明けて来た~
少し涼しいかな







『力をあわせる』


『団結力』

って言葉が



先日の、なでしこジャパンの素晴らしい
戦いっぷりで証明され
確信的になった
感、あると思う。





そのチカラ。俺は遺伝子レヴェルで
各日本人に、元から備わっているんだって
信じて疑わんよ!




短い期間だったけど、宮城で災害復興の手伝いをさせて貰った。全国から集まった人と人と人が、何とか役に立ちたい!各々が持ってる人間力で何とかしよう!とひとつに成り取り組む背中を、目の当たりにしたせいでもある。。。。。





ニッポンに対して
我々日本人自身に対して



もっと誇りを持っていいと思う、
若しくは、誇りを持って生きて行ける様に、
それぞれの現場で汗かいて目指す明日に
前に前に歩いてゆけば良いのだと。





2011年の
この地に有る危機に
目を伏せること無く!






最近、ホントに最近になって


俺の発言。
キレイごとの理想ばっかり
だって


言われんごつなったよ
(笑)不思議だ。






最後まで読んでくれて
ありがとうね








俺…




願わくば
逝く時が来たなら





それは今日かも知れんし
明日かも、知れないのだけれど





この国の土の上で






死にたいと願ってる。














スポンサーサイト
2011/07/21(Thu) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ