本日!静かに発売・Backalleyrock!remasterd







9月2日(金)
風強し曇り






『音楽の耐久性を信じてみたかったとです』






旅の中で生まれた曲をライブで育てて行くという

スタンスが出来始め次回作の内容も固まりつつあった



しかし


2011・3・11

その想いは途方に暮れた…音楽どころじゃねーと
固まってしまった。現実。



阿蘇宣伝キャラバン2。独りの車旅
俺はPodに入れた洋楽すら聴けなくなり
ラジオから流れてくる『ニッポンの穏やかな歌』
に、涙は止めどなく…俺もコノクニに暮らす人間
なのだと強く感じた現実。




6月。テレビで視てライブで募金を募るだけの
ケツをドカッと蹴飛ばして宮城県に行かせてもらった。
瓦礫やらヘドロ撤去に出会ったばかりの奴らと
汗し、知り合った爺ちゃんの避難所にギターを
抱えて行った。歌う最中体育館の水銀灯は余震に揺れ
それでも、地区の皆さんは
『いぎていがねばねぁ~』と笑顔だった現実。
歌は必要かも知れないと言う確信!





時として



恥知らずの因果な稼業だと思うことがある……



辛けりゃ辛いを嬉しけりゃそれを
悲劇すら飲みこんで曲を紡いでしまう……。
それで注目を浴びたいという欲望も無いと云えば嘘になる!





1・Swansong 


2・路地裏でカンパイ!


3・ボビー&マギー


4・邂逅


5・GOINHOME


6・生きようと思った



復興の鐘の音で始まり


故郷の鐘の音で終わり


今までを由とし有難うと
正直に伝える。





3・11に、かこつけて書いた歌では無いこと
その事実は今、このブログを読んでくれてる
君が一番知っているだろう?




一度完成させた作品に手を入れることは
やるべきじゃない!とサウンドプロデュースを
務めてくれた~たつのすけは音楽家として
叱咤してくれた。そして最後には「君の音楽なのだから」と。(涙)
友情を込めてありがとう!
(2007年4月~5月の路地裏ロック制作ブログを参照されたし)




リマスタリングに際して、俺の誇大妄想な注文に鬼の洗濯岩の如き受け止め方で挑んでくれた宮崎の雄!RYUZO-K殿、エンジニアを努めてくれた黒田君、感謝。




デザインと写真は全てネストグラフィックス河北氏の手によるものです!スタッフのサキちゃんにも多謝MAX。




初版の路地裏ロック!とはテーマ含め全く違った解釈で
聴くことが出来ると思います。




限定盤・マット紙ジャケット仕様・6曲入り定価1575(税込)円・先ずは各ライヴ会場にての販売になります



本日熊本放送ラジオ番組の『福耳ラジオ』12:10~
オンエアスタートし、静かにリリースですばい。






どうぞ よろしくお願いします





※リマスター
録音による音楽作品制作において、ミキシングして作られた2トラックのマスター音源をイコライザーとコンプレッサーを用いて加工し、最終的な曲の音量や音質、音圧を調整すること。









スポンサーサイト
2011/09/02(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ