ばんばひろふみ!ラジオDEショー・ラジオ関西神戸にて

















9月9日(金)
早朝雨のち
蒸っし暑っつ晴れ






黒川温泉の入湯手形卓球
『てがたっきゅー』
為らぬ



かただっきゅー(肩脱臼)
をしてしもた。



ギターを背負いパンフやタオルをデカイトートに入れて肩に掛けて町から街へ移動していたので奇妙な角度でパコッと(痛)外れてしまった様子……トホホ



大阪弁のケイン・コスギな接骨院の先生に治してもらったっちゅーか、、、技をかけられたショッカーの戦闘員(痛々)みたいな声を発していた様子『イイーッ』


と言うことで文章更新が遅れてしまい申し訳ありま千日前。







姫路から神戸に移動。
ハーバーランド方面に洒落た地下道を進みラジオ関西があるビルへ。




ばんばひろふみ!ラジオDEショーはディレクター氏曰く『朝の深夜放送』の趣で、阪神淡路大震災直後からスタートした金曜朝の神戸市民には無くてはならない番組なのであります!



『お!髪切ったんかっ』


とアノ笑顔で迎えてくれ




昨年の阿蘇音楽大陸『音旅』出演時~雨にも関わらず誰ひとり帰らずに大合唱をした話から始まり、宮城県にお手伝いに行って歌の必要性や、阿蘇イコール心身癒しの場所だ!と言うナハシ~秋の美味いもん、新幹線なら日帰りツアーも出来ますやん!が、しかし温泉連れて行こーと思ってます


『なら泊まろか~』な



和んだ話のキャッチボールを沢山沢山させてもらったのでした。



相方の、大好きな増井孝子(Webで是非とも検索)さんがリスナーの皆さんに語られる10月2日の音旅、そして、ばんばサンを迎えて演る10月30日の『あそのみなみのあきまつり』へのいざないは、それはそれはワクワク感MAX!だったとです




ディレクター氏のばんばサンへの深い尊敬と愛情。


キャストを最大限引き立てフォローしつつ番組を進めて行くっちゅー


スタッフの方々の生本番に対する腰の座り方含め学ぶところばかりのラジオ関西だったとです!



帰ったら熊本の関係者の皆さんに話さねば成らんな。



リスナープレゼントは



湯ごもりタオル


ゆるっとクリアファイル


ゆるっとホールペン


スローフードフェスタパンフレット



しっかり届いて
深まりゆく阿蘇に是非とも訪れてくれますよーに。と

ホォーっと気を送る
(効くか解らんけど)



路地裏でカンパイ!
をエアに乗せてもらいブースを後にする。





地上に降り立ち見上げれば
秋の雲。




ありがとう神戸!!!







大阪へ向かいます。





★ゴールまで後17日★









スポンサーサイト
2011/09/09(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ