ごごらくワイド・OBS大分放送1日目
















9月16日(金)
曇り雨と霧





曲書きの〆切に旅のビジネスホテルにて何とか骨格のみを紡いだ昨晩だった。



ぼぉーっとした頭をカフェインで蹴飛ばし都市高速から九州道~鳥栖JCTを大分道へ左にハンドルを切る。





わかるかな?大分道に入った瞬間の和み



雨が降りだし、山々から湯気が立ちのぼり息吹を感ず。




この分だと
別府は多分…霧に煙ると判断し、九重で降りて210号線経由で大分市内に入る。





昨年のキャラバンⅠ


ランボォ風に言うと『地獄の一季』だった様な……


スタート地点だったOBS大分放送ラジオ。



後にも先にもディレクターの熱意が心地よく(笑・褒めてますから)



写真のパーソナリティお二人とワクワクガヤガヤな打合せをし、つるんと本番へ


大分から


竹田経由の阿蘇坂梨と久住高原と阿蘇黒川郷は双方、ドライブしてみると以外と近い!しかもこれからの季節は絶景が拡がるとよ~



そんな話から入り



音旅、あそのみなみのあきまつり、9月25日(日)カンタループⅡで演るライブの話を伝える。



月のカルデラ2コーラス


BGMスワンソング




被災地支援と地方の温度差

日本人のチカラ



音楽のチカラ



ラジオのチカラ



そんな話をした生放送。




ブースを出て、ゲストの釣り達人と話す


「進藤君~釣りはな。魚と対話せんと成り立たんのよ」



成る程ぉーと妙に納得。



何の世界であれ一方通行は虚しく

気持ち通じなけりゃ
沈黙しか残らんもんな。



心熱きディレクター氏に見送られスタジオを出る。


ありがとうを10月へ!





どしゃ降りな大分市内



カンタループⅡのオーナーでギタリストの渕野君に電話を入れ~エフエム中津番組出演の構成打合せへ向かう。



ライブカフェ
カンタベリー



外は雨、スーレイニーが
内耳で鳴っとる。



プレーンなつくりの店のソファに深くもたれ、美味いコーヒーとベーシストでもある奥さん手作りの洋菓子(スゥイーッと言いたくない)をモグモグ頂きながらの自曲の選曲。




同世代の渕野君とは今後も様々な局面で一緒に何かを演るだろな~予感がする。



ありがとね
25日もよろしくです!









ふー

昨晩の不眠のせいか~
心身枯れてるよーな(笑)



どこそこパスパスだ




どうしよう?



別府の博堂村のママに
イキナリ電話しても良くないしなぁ~





。。。。。決めた!




湯布院に泊まろー





霧で霞む夕暮れの山道を
昇り始めたのであった。





つづく








スポンサーサイト
2011/09/16(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ