NOAS FM ・大分県中津市にて
















9月19日(月)
曇り濃霧のち、雨




ジャージィー乳色の峠を幾つか越え


秘境・耶馬渓を抜け、青の洞門をくぐり


大分の県北へ。




なんさん

カーネルおじさんが
撤退ほどのー

唐揚げの国
中津市であります。


ロケみつ。かよ?





前出の渕野君と音楽の縁で、やって来ましたエフエムなかつ!



会社然とした放送局とは一味違う佇まいに静かな熱をを感じる。。。
聞けば~社長さんはビートルマニアなロック好きな人らしく、
その粒子が音源棚やパーソナリティ&スタッフの皆さんからも漂っていた。



これこそ素晴らしい事!






フッチー(渕野君)の番組は本人が「これがPOPや!」と

感じる音楽をガンガンかけるっちゅー1時間。




んでもって
本日は進藤久明の特集だと!?!?


今どき有り難い(笑)


1986年のビフォー&アフターから




・アウトサイダー



アンダートーンズが実はアイルランドEMIだった事で実現したカバー曲の

・ティーンエイジキックス



そしてシュガーベイヴの村松邦男さん
大好きな作詞家竹花いち子さんとの作

・レイニーベイビー




曲間の話しは、とりとめもなく
真っ昼間の深夜放送みたいだったとです。



25年後のバックアレイロック!・リマスター盤から


・スワンソング


・路地裏でカンパイ!



阿蘇の宣伝マンとして全国を行脚するに至るハナシから、くじゅう阿蘇の秋の心地よさ等等


10月2日(日)音旅。

是非!だこ汁喰いがてら来てね!
(こればっか言ってるな)



・邂逅



フッチーが東北へ楽器を運んだ週
(今も続いてます)と
俺が宮城県に『お手伝い』に行った週が
重なっていたハナシ、震災前ぶっちゃけ


「自分のことしか考えちょらんかった」


「情けない話…俺も一緒バイ…嗚呼」



本音と、今出来ることを続けてゆくこと!そげん!そぎゃん!



ディレクター君から
トーク長すぎです。と叱られるまで話し込み




『耕す』をフルで弾き語って
25日カンタループにて2人して
エレキでこの曲を演ろー!と約束をした。



男子校の部室状態にしてしもたブースを出て


音楽と人が好き。って顔に書いてある皆さんにパンフやレアなくまもんグッズを贈り、局を後にする。





野郎2人して
唐揚げの国のシンプルな
塩味をサクっジュワーと
いただき



阿蘇・大分の繋がりライブの構想などを
提案しつつ




中津を後にした。




ありがとう
ありがとう




青の洞門……一念岩をも砕くって、ほんとうだよ!



雨は降り
荒天になるだろうが



晴れ間を目指し
旅はまだまだ続く



★ゴールまで後6日★








スポンサーサイト
2011/09/19(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ