伝統のロックンロールバンド・OBSラジオ祭りにて


















10月9日(日)
晴れ渡る






大分平和市民公園を全スパン使ったイヴェント。




リハーサル含めステージに立った瞬間、歴史のある催しだということを肌で感ず、光栄ですばい!



呼んでくれたのは心熱きMAX(お前が言うな~)富田ディレクター氏。



『ラジオのチカラ』



簡素にして絶対的なコピーに俺はカンドーしていたし、うん千人のお客さんを前に歌う曲毎の拍手にジンと来てしもたとです。



昔ながらのギターを弾き語り歌うスタイルも有効なのだと確信が持てた(真)



会場の各所から鼻腔をくすぐる美味いもんのにおい、腹減りまくしだったけれど写真のブース?(笑)にて、CD販売の為にステージ終了後から~ずっと詰めていた、お陰様で評判良かごたデス。




先日始まった熊本放送ラジオの『阿蘇ゆるっとラジオ』をきいて日帰り旅行でやって来られた奇特な熊本のファンのオジサン群。サインを求められたのでバックだのポーチだの筆圧込めましたとも



ありがとう、有り難いです




館原美幸アナの特製カレーブースの長蛇の列~喰いたかったなぁ、、、仕方なし。トホホ




凄かったのはラジオのチカラを紡いだ大分放送の皆さんの連帯感!!!



そりゃ組織なんだから様々あるだろうがね~ひとつのイヴェントを事故無く終える為の仕切りや、各スタッフの方々の頑張りは半端無かったとです!解るや?



ライブだと例えるならば~伝統のロックンロールを聴かせるバンドみたいだったよ、



ザッツ一枚岩!



永らえ保ち続けることは
何より偉大なことなのだ。


意味もなく嬉しかった~




最後は凜としたベテランアナウンサー(挨拶したが名前聞き忘れた綺麗な人)が挨拶をして締め括られていました。





感動ついでに肩がはずれた俺は~ビジネスホテルにて深く浅く眠りについたのでありました。ヤバイか……




しっかし幸せじゃ。








スポンサーサイト
2011/10/09(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ