神無月に学ばせてもらった







10月31日(月)
晴れ。母の誕生日





ありがとう。




で、全てを締め括りたいところだが~そうも行かないのが人生渡世ってヤツだ。


「永く生きれば人は哀しい」と


そんなことは無い!と力説虚しい日もある。





しかしながら今月とて、色んな人達に本当にお世話になったとです。



澱み無く!
ありがとうございました!






心中(しんちゅう)


来る者拒まず
去る者追わず。


っちゅー台詞があるけれど



俺の場合ですな……




来る者には何ゆえ訪れたか?を尋ね



去る者には何ゆえ去るか?を尋ねる。




野暮だが、とても大事な事なのだ。





直感の悪感
必ず的中す!
不思議ですたい。。。






推してはかり、うやむやに出来る度量は残念ながら、今の俺には無い。







ひとつだけ正しいことが有るとすれば~偶然、距離を置いて目視出来る場所に住んでいることのみ!



命の危険が音もなく忍び寄るこの日々に、未だ自分の喜怒哀楽に囚われてる場合か?




助手席には水とガイガー、後ろのスペースには物資と寝袋と、取敢えずギター…ほんとうのことを
知らねばならんと!









ふうー


神無月とは
よく言ったもんだね





2011年、残り61日。








スポンサーサイト
2011/10/31(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ