月とワイン







月とワイン

(2011・秋の恋人たちへ)






星降る宵は ふたりで居たいな

  

柄でもないけど 一緒に居たいな





花束よりも 約束よりも


古いオークの テーブル船の旅






月とワインで 夜に漕ぎ出そう


月とワインで ゆらり よーそろ






異国の葡萄色 君の肩ひも

寒くはないかい?毛布にくるまって



陸の上では不安が吠えてる

息を殺して何度もキスしよう




月とワインで たどり着く静寂(しじま)


月とワインで 背中の向こう側




ボトル半分で 愛の海が満ちる


ボトルの引き潮 背中の向こう岸






窓の外では 不安が吠えてる

息をひそめて 長いキスをしよう






月とワインで 夜に漕ぎ出そう

月とワインで ゆらり よーそろ




月とワインで 


月とワインで


月とワインで












※言っとくけど、
素面だけんね(笑)









スポンサーサイト
2011/11/09(Wed) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ