現場判断・宮崎某所にて












12月18日(日)
南国の晴れ





略、出来た曲を
海辺の丘の上で歌ってみる(ギャラリー少数)



沢山誤解を招く内容だなぁ……構わんさ!賛否があっての『大衆音楽』なのだから。



移動




初版のアルバムを回収に行き、苦々しく頭を下げられるが~俺はお礼を述べ、有り難さのみだった。
んで純粋さは罪っすか??



移動




震災及び福島原発の特集番組は強いて視とる。本日的にはBSとNHKのドキュメンタリー。とても苦しくなるが「報道は行動の参考にはなりえる」。


要は自分がどう考え?どう動き?どう継続するか?これからは『どう連帯してゆくか?』だ。




歩く




リマスターアルバムを贈った
宮城の友だちから、津波で仲間を亡くし残った者だけでの宴会中に、送られてきた無理矢理に明るいメールに明るく返信出来ない自分が不甲斐ない、仕方ない。



移動




大淀川の外れの居酒屋


今日を諌める為に善き名前の芋焼酎をチビチビと~


店内演歌、沁みるお湯割り、酔えんたい!これが全く


ぷっ、と我に苦笑。




移動





橋の上で。



能天気を装うことすら出来ず、感情が直ぐに振り切れたり、己の活動にも何かが足りないと感じたにせよ、進んではいる。高望みせずに積み重ねて行かねば結局何処にも辿り着けんだろ?



立ち止まる
何かが湧いてキタ



『公』の演奏活動以外で、
俺が動くことに対して印鑑が幾つも必要だったことは無いじゃないか!『自ら』一発決済で動いて行けるじゃないか!おいっ!



そーじゃなくっちゃ
単純明快(笑)
気付けば頭は切り替わっとるし




現場判断なんだけん。な!




『現場判断』
(英訳・ラーッケンロォウール)
素敵な響きがするね





あ!



店にギター忘れた。








スポンサーサイト
2011/12/18(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ