2011卯年最後の生放送
















12月30日(金)
晴れ。低い月、名前は何?





朝から~
実家の近所を歩いて回り
代わった場所と、変わらない場所が双方腑に落ちる。



仄かに暗い、熊本駅の風情

俺は嫌いじゃなかったよ。






山小屋から下ろして来た音源の山崩し、いやはや雑食性な節操のなさにプッとわろた~聴く人目線が有るのは良いこと?かな。。。。





午後





アーケード街へ向かい『魂の妹・川瀬桂』と来年のライヴ及び不定期だが、2人で廻るであろうツアーの打合せ。いゃあ~参った。感性の質問責めな小学生は、今や立派なプロのシンガーに成長してるんだもんな~時を渡って再会した感MAX



んで!俺のギター1本で歌いたい!とは、お主何者ぞ?




むんっ責任メガトン級!




川瀬。御手柔らかにな(弾)

(詳細は追々、川瀬桂の公式サイト&俺のliveのコーナーにて)





栄通りの路地裏を抜け





見上げれば
枯れ銀杏並木と
ペールブルーの冬空。




熊本放送へ。





山崎町の迷宮のような、魔界のようなレコード室で選曲をし、人の気配が消えかけた局内を見渡す。峻巡。




プロデューサー氏は年越しイベントの指揮で不在(どうか倒れんでね)。




代理店女史は休みを返上して立ち会いに来てくれた。(感謝)




ディレクターとユーストリームの準備をしつつ音人談義。んん~この人は解ってる人だ、静かに嬉しい。
(てか多忙な人ゆえに全く飲みに行けないのが俺、ストレスっすよ)




打合せ~アシスタントちゃんが煎れてくれる美味しい珈琲を啜りながら『あったかい生放送にしよう!』と気を高める。





本番3分前






『新年を迎える為の新しいパンツ談義』を相方の岡村さんに振ったなら、何を想像したのか?ツボにはまったみたいで本番に入ってからも笑いっぱなしだった。アナウンサーは局の看板でありニュースひとつ読むにしても感情移入を許されぬ職業だろうから~来年も『阿蘇ゆるっとラジオ』の時は思いっきりわろてもらお!ワハハ。




芋焼酎のお返しは、
龍のパンツで決まりだな





夜の縁側のコーナー前後で女々しくも泣いてしまい、申し訳なかったとです。




仙台のcoffee・nickさん、被災地改め『復興地』同感であります!!!(涙)





今夜も聞いてくれて本当にありがとうございました!

来年もアナタのラジオの前で会いましょう。






オンエア楽曲




1・イフイットユーメイクハッピー
シェリルクロウ(武道館ライブ)





2・テネシーワルツ
江利チエミ





夜の縁側のコーナー
3・サンゴーズダウン
松村とおる





生歌
4・月のカルデラ
本人



ユーストリーム後放送

スマイルマンのマーチ




絆。



縁。



結う。







スポンサーサイト
2011/12/30(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ