繋がろうとする力・八千代座交流館にて












3月18日(日)
雨のち晴れ






「同じことが九州に起きていたら……俺たちは生きては居なかったかも知れないし……関門橋は封鎖され日常は奪われていたかも知れない」。





そんな話を交えながら、最後の出演者としてステージに立たせて貰ったのだった。




土砂降りも曇りから晴れになり、夜空には星が見てとれた。




復興に対して。ピンポイントだけれど、石巻大谷地小学校に集まった募金を送る行為は~君や、貴方や、アナタが日々を生きて行く事と同義語なんだと俺は思うとです。




主催者の原口君を始め関係者の方々に此の場を借りて

ありがとう!を。



そして



繋がろうとするチカラは
無限なのだ!と強く思うとです。












スポンサーサイト
2012/03/18(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ