名古屋で演るってことは














4月8日(日)
晴れ!
お釈迦さんの誕生日







現在。



俺は俺の音楽生業に



『風を通している最中!』


答えは何れ音源として世に出ますけん、聴いてみてね




偶然、満月の夜。




百戦錬磨のアーティストでも此処、名古屋で公演を成功させることは、とっても難しいコトなのだと関係者の方から伺いました。



思えば大昔~キャンペーンで名古屋の八事に在るレコード屋さんにお邪魔した時も同じ苦言をいただいたよーな……






二ヶ所を終えてみたところ


上等だったんじゃないっすかね?


初公演で、ちゃんと聴いて貰えてましたもん~空気も震えていました。



と、これは現場目線




人の後ろでギターを弾いていると~今までと違った風景が拡がって行きます。それは学びと新たな可能性の風景でもあり、更に解りやすく質の高い楽曲づくりへのチャレンジ魂に火をつけます。





本日出会った数々の皆さん、数々のあったかい想い
(涙)しかと受け止めました!あったかい友だちが沢山でけたよ(涙)




ほんとにありがとうね!


デラ嬉しかったばい(笑)





名古屋で演れたってことは、明日があるってことかも知れんね。






旅は


たつのすけ先生と

東京・新宿と大森



そして

山形県・米沢へ続く。







追伸1・ライブの模様は随時、YouTubeとツイキャスに上がって行くそうです。


追伸2・ヤイリギターの松尾さん。わざわざ愛機を現場まで届けて下さり感謝でありました!この場を御借りしてお礼を申しあげます。(写真参照)










スポンサーサイト
2012/04/08(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ