その荒れた手に・阿蘇白川水源/水の舘にて
5月24日(日)
晴れたんだよ!




先程

元地元の南阿蘇から熊本市へ戻りました。
くっ
沸き上がる感情を抑えきれず、52歳泣きます……
それほどまでに、うれしい一演だった。



今日の走馬灯を、回してみる。


当初。発起人の佐野さんの話では20名前後でしょうか、とのことだった、、筈。
(珈琲の達人・佐野俊郎さん)


理想と目標はあった。
AMラジオから歌い呼び掛け、
普段音楽が鳴っていない場所で
「風とコーヒー」を感じてもらいたい。
その場所行き帰りの旅感と時間が
日々の癒しになれたら善いな
ってこと。


白川水源の奥の奥の、善い意味辺鄙な珈琲店に
果たして来てくれるのか?
賭けでもあった訳ですよ。



だ・が・しかーし!


ま~どこからともなくわらわらと~
来られる来られる、、、
なんと100名越えての満員御礼(超)


えっマジっすか?




生声生音でも伝えられる空間だったから
アンプも小さくして歌は語るが如く~

佐野さんの淹れた珈琲と「場所と風景を味わう時」を挟んでの2部構成、
笑いと手拍子は絶えず~8歳から80代の笑顔
に力をもらうこと感謝であります。


館内の窓や扉は全開にしてあり~風の声や遠い声を感じながら2時間は過ぎてった。

絵画みたいなメロン。焼きたてのパン。宮崎からの知る人ぞ芋焼酎…エトセトラ…
機材より差し入れが多いって(笑)、、、
ありがとう。


ひとりひとりと握手を交わした時、
その手から日々がどんなものなのか
俺は推してはかる。
それは
俺の手とておんなじだ。


現役で土や森と生きてるであろう
婆ちゃんの手は逞しく荒れていて、
そして暖かった。(涙)(涙)(涙)


あなた方が
『黄昏のオッサン』で
おっさぁ~んと叫んだことも
『星のレール』で
泪されていたことも、
来週の柿木珈琲店で語らせてもらうけんね。


ありがとうございます。
スポンサーサイト
2015/05/24(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ