そうだ。京都いこ!
某月某日





どーしても

町家格子戸の風情を
歌詞に反映したくてね。


ちと行ってくるけん


旅のお供は
蔦屋三年坂店のSF部長
セレクトのアノ一冊!



頭ん中ではディランの

ラブ・マイナス・ゼロが鳴っとる。
スポンサーサイト
2015/11/27(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ