fc2ブログ
風雪耐え忍んだ楽曲の歌詞。
         
12月11日 日曜日
薄い朝陽


おはよう!
朝晩は冷えますなぁ
この時期を抜け出したいな。とも思うがーー
この季節を味わいたいな、とも思っている朝。

来年発表するニューアルバムの中の1曲
実話に基づいて書いた楽曲♬
始まりのコードはEm
読んで下されば、幸いであります
今日もよろしく。


ソノ日の職/ 進藤久明

すべて上手く行ってたさ アノ泡がはじけ飛ぶまでは
家も車も失って もう若くはない体ひとつ
さまよいの旅は終わりだ!
これからを照らして行く為に
学歴もスーツも要らない ソノ日の職を手に入れた。

電話の向こう もう泣かないで
今度帰る日は 陽に焼けた笑顔で

アスファルトの陽炎 沈む夕陽の果て
新しいお前だけの幸せがみえるだろう
風よ吹きつけろ 雨よ過去を洗え
やり直そう 立て直そう この道の上から


殴る蹴るに耐えきれず
気付いたらナイフと震えてた
暗い目のママの恋人 自分の弱さ押し付けて

執行猶予。。。仲間たち 遠ざかるのを感じながら
グリムのチケット買う為 ソノ日の職を手に入れた
メールの向こうアンタは笑ってる、、
やっと逢える夜 思いっきりきつく抱きしめて

アスファルトの陽炎 昇る陽の光に
新しいお前だけの幸せが生まれてくる
愛は育つだろう 舗道の雑草花
やり直せる立て直せる この道の上から⭐︎

アスファルトの陽炎 沈む夕陽の果て
新しいお前だけの幸せを抱きしめよう
雨上がりの虹に涙は止めどなく
やり直そう
立て直せる 
この道の上から。






スポンサーサイト



2022/12/11(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ