fc2ブログ
魂を売り歩く
20090415100611
20090415100608





4月14日(火)
雨後ひんやり晴れ





日々は決して穏やかではない。





どちらかと言うと~
闘ってる感が強い。



それは、飯を喰う為に働いている人なら誰しも同じこっとよ。




お主何処の何者ぢゃ?の沈黙の視線に、破れ侍的な歌とギターで斬り込んで行き~各地方をも侵食しつつある、不景気の影を撃破出来たなら、
お客さんの笑顔を勝ち取れて、出来なければ『所詮名も無きうたうたい』で終わる。




ライブの出来が良かった日の証として、ありがたい話しCDを買って貰え、サインをせがんで貰える。嬉しいことだよ。




そんな時の酒は湧水みたいに美味いよ。




悪い日には…皆まで言わんよ(笑)




「全国的なヒット曲がないとイケん」とか
「名前が売れとらんから客が集まらん」とか宴の席では様々な意見が、飛び交う。



哀れみとて有難いよ。


悔しい思いは腹に溜めよう。




売れてる、売れてないっちゅーこと以前に厳しくジャッジして良い曲なのか?聞く人の魂を少し揺さぶれる歌声なのか?閃きを感じる詞なのか?を旅の中で研いて行くしかないのである!




15でギターを手にして世に出たのが22歳。



『お前はあの頃と変わらずにロックが好きでお前なりにロールしとるか?』
と過去は問いかけて来る。




俺は迷わず

『もちろん何も変わらず演り通してるよ』


と、答える。




答えた後に、嘘がないか?空を見上げる。




あ、晴れとるな~



スポンサーサイト



2009/04/14(Tue) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ