fc2ブログ
フライングVが日本一似合う人。だった?




10月日付天候不明





ご冥福を
とか




言えないばい!




『遠い太鼓』のプロデュースを将来お願いしょうと考えとった。


それはフォークルの『コブの無い駱駝』に触発されて書いた曲だった…


クソッ


どの場所でも(アフリカでも)ライヴの定番『悲しくてやりきれない』はヘルプレスだ!と『イムジン河』は自作曲ではないにせよ、唄いながらイマジン!だ!と、勝手に誇大な勘違いをしながら演っとるとです。




フォークだとは、一度も感じたことはなくて、むしろ時代に対して、音楽業界や音楽を消耗品だと言うことに対して『汗まみれな表現』ではなく『常にモダンな挑戦』ば、しなはる人て受け取っとりました。。。。



欧米のPAシステムを誰よりも早く自ら輸入しなはったとですよね。。。。



近年のミカバンドや和幸を手掛けたエンジニアが親友だと言うこともあって、俺ぁ悔しかです。。。。。




竹内まりやさんのファーストアルバム。御二人の名作だと大事にしとります。




フライングVが1番似合う日本のアーティスト!




悔しか…です。



個人的に泥酔いして
個人的に支離滅裂な
個人的な活字を書きなぐりました!




すんません


加藤和彦さん。




クソッ





俺、生きますけん…





スポンサーサイト



2009/10/18(Sun) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ