FC2ブログ
24回の奇跡
音楽療法~昨年の11月からスタートして、今24回目を演り終えた。

大好きな母方の婆ちゃんが入院(13年間)していた場所で

30代の弾き語り活動の理解者であったJ先生と再会した場所だった

。。。   。。。  。。。  。。。  。。。


「ひさーき ハイライトば 買うて来て くれんかい~

お釣り は 小遣いに やるけんね」


角のタバコ屋に タッタカと  走る   俺

サンダルを突っ掛けて  タッタカと  戻り

ガラガラ~ と 木戸を開け 

コタツに入り『大江戸捜査網』を観ている ばあちゃん…


「買うて来たよー」 



《ギェー婆ちゃんっ!猫んゴタぁネズミの仏壇んとこにおるっ!》



「なーんば 騒ぎよるかい ねずみの居ってん 死にゃーせん」


「悪さするなら フライにして 喰うてやる たいっ」


。。。  。。。  。。。  。。。  。。。


ばあちゃんの肝の巣(里では器のコトをこー呼ぶ)を物語る実話。


タンクマで音楽ライターのバイトをさせて頂いてた頃


ブラボー日記という題目で 1度だけ婆ちゃんの話しを書いたっきり


他界する迄 敢えて触れなかったけれど…


音楽療法として ギターとピアノでの弾き・語り・対話・会話を


丸1年 演り続けられたのは 

椅子に座り まどろみながら 俺の歌を聴く

今は居ない 婆ちゃんの姿を見つけたい 想いと


俺が歌い リズムを取り 四季や町や人のうつろいを話すことで 

笑顔が増えたり 食欲が出たりすればいーなぁ~

という 思い が 真ん中に在ったからだった。


テネシーワルツ バラが咲いた お富さん

海 故郷 里の秋 などの 明治 大正 昭和の名曲の数々を

俺なりの解釈で 歌う様になり

婆ちゃん 祖父ちゃんの 記憶の琴線を爪弾き

いつの間にか 茶の間で  縁側で 孫が祖父母と話してるという

懐かしい趣きの ひとときに変化していった。


目の当たりにした 24回の奇跡(大袈裟か?)は

血圧や 振舞いや 動作に顕著にあらわれたので

為に成れたかも知れない感! がとても誇らしかった!


1年間の間には 偽善者野郎!と罵倒されたコトもあったケド

何と言われようが 気にもならなかったよ



ライブハウスやホールや 野外コンサートのステージも好きだが

御婆ちゃん 御祖父ちゃんと 職員の方々の

『笑顔こそが 最高のスポットライト』なのだ。


これから寒くなるけん 身体労わってね


あなた方の 孫代表


進藤 久明























スポンサーサイト



2006/11/30(Thu) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(3) | page top↑
コメント
--うむ!--

良か話し!感動した

全米が涙したばい
by: king * 2006/12/01 17:49 * URL [ 編集] | page top↑
--柿--

婆ちゃんに柿の実ば剥いてもろうた気持ちだった。
国の宝だけん
by: 進藤久明 * 2006/12/02 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
--QLFpbQfMcCm--

iyDoD5 <a href="http://ostxyxqmjfyn.com/">ostxyxqmjfyn</a>, [url=http://asvbujzaszfz.com/]asvbujzaszfz[/url], [link=http://cxcvhvcsleub.com/]cxcvhvcsleub[/link], http://dzvmprvrygll.com/
by: pmftoodjqni * 2011/12/08 07:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ