枕木の匂い・湯布院駅にて


















10月15日(金)
しっかりと晴れ







『駅舎20周年の湯布院駅の
歌を~書いちくれんかね』



と、

愛すべき熱き心の
駅長さんから依頼が
あったとです。





1曲は既に旅先で書き上げ



更に、もう1曲生まれそう

だったから



詩を書きたくて




『曲の取材』





列車に乗せてもらった。










~散詩~




ほうき星の駅長さん




あなたの夢に
いってらっしゃい



あなたの影にも
お帰りなさい





緑のトンネル





晴れゆく晴れゆく
日々の雨雲






駅舎のヲルガン


おっとり響く


森のセロの音


六腑に渡る




母さん山に月のワイン




注いであげましょ枕木に





レイルは光る



明日の為に



レイルも光る




明日の為に














※追伸・やま家の大将が

特別に作ってくれた豊後牛ピラフ。。。。

美味くて絶句(涙)


頑張れます!


ありがとう。
スポンサーサイト
2010/10/15(Fri) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ