炊きたての白めし





11月8日(月)
頭痛のモヤ曇り晴れ







日本人の死生観を

真っ向から否定する

その本は、俺に或る学びを
与えてくれた。




『いつの日か否応なしに逝くと感じるからこそ!生きよう!と思う』



である。




当たり前だが
普遍的な俺のテーマでも
ある訳だ。





25周年の来年を前に

立ち止まり、見つめ直す様
な日々になりつつある今月


かなり必要だ…だったのだ

と、自然にさとる。








米びつを見ると底を尽きそうだ。。。





旅ばかりで自分の胃袋の
世話すら、ちゃんと焼けてない。




こらイカンな

ちゃんとせにゃん。







阿蘇高菜漬けを

胡麻油で炒めて

ダシ醤油に絡めて

炊きたての白米にのせて


ハフハフ喰う。




日に二合もあれば充分







俺の贅沢だ。






ちゃんと喰い




ちゃんと眠り




ちゃーんと




今、やるべきことをヤル!




『所得以下』で
生きている内は



多分破綻せずに済むだろう
(昔とは違うんだぜ)




わかるかな?







貧乏臭いの上等!






お前~
音楽にそれが出るぞ~

と、或る人から言われたが

それはそれで構わんです。




偽らざる俺で通用しないのなら





最初からダメでしょう?












夢にまでみた
炊きたての白めし


梅干し、納豆、味噌汁


あぁ食べたい
長らく食べてない








って歌を書けばいいと






本気で思っとるもんね。








冬眠まで、後六日。











スポンサーサイト
2010/11/08(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ