骨が軋む夜





11月11日(木)
奇数並びの日







自分の音楽の行方よりも






日本と世界の時事を

何故だかしっかり考えた





組織だの国家だの

残念ながら…言葉だけで

稀薄に思える。自国。





なんやかんや言って


『個人』は

やんわりと踏みにじらねば

ならないのだろうか?






俺が歌を通して訴えたい
テーマでもある。




誰にだって誇りがあるよ

声高に言わないだけたい





うう

全身の骨がキシキシ
言いよる






いい夜とは言い難いが






この様な夜は





必要なのだよ。












冬眠まで。あと三日。










スポンサーサイト
2010/11/11(Thu) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ