鰆の塩焼きな1日の終わり・笑み屋。姫路市初日












11月29日(月)
晴れ。夕刻より冷えし









2号線を、つらつらと走り姫路市に入る。






先ず最初に

過日ライヴを演らせて貰った店に行き挨拶をする


筋は通さねばならない。

俺は俺の道を
往くとしてもだ!







九州とは違ってみえる夕陽を背に、繁華街をギター背負って歩く。




雑踏で
すれ違いざまの関西弁

『よそ者』の俺には


とてもあったかく感じる。








超満席の笑み屋にて

店内移動型ライヴ!(笑)






現場帰りの人、誕生日の人

姫路城お姫様モデルの人


それから卒業の人


滅多に居ない同名の人


お別れを伝えた人…



されど
不機嫌な人は

ひとりも居らぬ姫路の夜。




様々な1日の終わりがけに
歌を投げ掛ける。


笑顔が笑顔に連鎖することは素晴らしいのだ





今夜。解ったことがあった




誰もが
口ずさめるという事。





ホントーに大事なんだな…

と、改めて。





自然と唇に乗る歌



その歌は誰にも奪えないのだ。








帰りしなに食べた


鰆の塩焼き





静かに美味しかった。



じわっと美味しかった。





演奏旅先の
穏やかな夜なんて
滅多には無いが


悪くなかったよ。






大将の池田さん
ありがとう!

盛り上がってくれた
皆さん、ありがとう!



うれしかったバイ







明日は
姫路の町を学ぶとです。







スポンサーサイト
2010/11/29(Mon) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ