あれから25年・熊本市某ホテルにて












12月8日(水)
ノルディックセーターな日









あれから25年…と





苦難の歴史を語る社長さん

涙声で社員の皆さんに向かい「ありがとう」の中には
さまざまな想いが詰まっていたに違いなかった。



楽屋裏に居た俺も思わず

過ぎ去った日々が走馬灯のやうに蘇り、ウルッときた(涙)






我が公式サイトcontactの欄から依頼があった現場、



車椅子や介護用品を製造
販売する会社の25周年。






実際に社員さんの中には
事故で
ハンディを背負ってしまった人が居てね…




この世の中には本当に


「無くては成らない」


会社のひとつなのだった。





少人数ならではの結束力っちゅーか、熱量っちゅーか
半端なかったとです。










引き受けた理由は


たったひとつだけ!



社歌の歌詞に





『あなたのために~』




とあったから。








機材を台車押して駐車場まで一緒に運んでくれた初老のホテルスタッフの方にも


凍える中を感謝ですばい。







ンゴー




車のヒーターが効き始め
………




少しは役に立てたかな?

と、帰路。







冷たく濡れたアスファルトへ



「お前の25年なんてチャラ
いなぁー」






独りごちるのでありました






スポンサーサイト
2010/12/09(Thu) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ