新春曲の書き初め!旅に出よう







旅に出よう♯1(阿蘇へ行こう)





昇る朝陽に洗われるガーベラ 雫のむこうに君は待っていた


稲妻の日々を越えてきたんだ 絵葉書の遠くへ行ってみないか




旅に出よう 君と行こう 旅に出よう 瞳に映る青い空

旅に出よう 君と行こう 旅に出よう

羽根のついた銀のホイールで






知らない町のやさしさに触れ 知らない人にやさしく在れるなら


僕らの自由は少し誇らしく カタチのない世界遺産の様さ



旅に出よう 君と行こう 旅に出よう 五つの山に架かる虹

旅に出よう 君と行こう 旅に出よう 

ゆるっとしたシャツと心で




雨ならば雨音を 風ならば風音を 聴けばいい


そして晴れた夜には 同じ月を眺めながら…




旅に出よう 君と行こう 



旅に出よう 君と行こう



旅に出よう 君と行こう 



旅に出よう 君と行こう











※ガーベラの花言葉=希望







スポンサーサイト
2011/01/05(Wed) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ