消せない焔があるのなら





1月11日(火)
マイナス9℃







昨日を消す
消しゴムは無い!





ならば




今日の鉛筆で
綴り続けて行くのみ!





忘れられないことは
生涯、忘れずに往こう。




抗わず誤魔化さず

罪はそのまま

抱いて行くべきなのだ!







消せない焔は
消すことは無い。





取り繕いの
明るさこそ悲惨…



無理に大火にしないで由、

燃えているのだからな。




そのまま進め









粉雪舞う闇の中でも


月は残酷にも明るい。




嗚呼、、、ままよ









湯布院・やま家のライブ

から


立て直そう。






あったかい歌を唄うのだ





それしか出来んのだから。













スポンサーサイト
2011/01/11(Tue) | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ